葉酸はいつから飲むのが望ましいか

妊娠中に、葉酸を摂取したほうがよいというのは、大変有名な話です。

しかし、一体いつから飲むのが望ましいでしょうか。

葉酸は、妊娠を考えている方はもちろんのこと、妊娠中に必要な栄養素となっているので、妊娠活動をしようと決めたその日から摂取することが望ましいです。

妊娠が分かった時には、体内にしっかりと充足している必要があります。

したがって、具体的には妊娠の1か月前から飲み始めたほうがよいとされています。

葉酸は、ビタミンb群の一つで、水溶性ビタミンです。

主に血を作る働きがあります。

不足すると貧血や食欲不振などが生じます。

妊娠に関しては、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを軽減される効果があります。

これは、脳や脊髄を形成する際に大変重要で、正常に形成されないと、先天異常が起こります。

したがって、これらのリスクを回避するために、妊娠中はもちろんのこと、妊娠前からの摂取が重要となります。

また、つわり症状の軽減にも効果があるとされています。

厚生労働省や母子手帳などにも、効果が認められており、摂取を推進しているので、積極的に摂取することをお勧めします。

食品では、レバーやめだまめ、ほうれん草やブロッコリーなどの多く含まれています。

しかし、充分な一日摂取量を、食事だけで摂取することは難しいでしょう。

現在は、葉酸のサプリメントが販売されているので、成分と含有量を確認したうえで、サプリメントを活用しながら摂取することをお勧めします。